大腿骨頚部骨折について

大腿骨頸部骨折とは?、その症状

高齢者が寝たきりになる原因のひとつに骨折があります。なかでも高齢者の転倒や転落の際に頻度が高いのが、大腿骨頸部骨折とされています。なぜ、大腿骨頸部骨折が寝たきりの原因となるのでしょうか?

大腿骨頸部骨折を起こしやすい人

転落や交通事故、スポーツ時では年齢に関わりなく大腿骨頸部骨折は起こりうります。転落や事故以外にも、骨が折れやすくなる原因があるのです。

大腿骨頸部骨折と要介護との関係

寝たきりになる原因の1割以上が転倒による骨折という数字を聞いて、以外と少ないと思うかもしれませんが、寝たきりになる原因の第3位でもあるのです。

大腿骨頸部骨折が治りにくい理由

大腿骨頚部骨折は治りにくい骨折として知られています。更に高齢となると筋肉の衰えなども関係してくるので、尚さら回復に時間がかかってしまいます。

大腿骨頸部骨折の治療

筋力の衰えが気になり、骨粗鬆症になりやすい高齢の方にとっては、他人ごとではない骨折ですが 大腿骨頸部骨折をした場合の治療の一例をご紹介します。

大腿骨頸部骨折の手術

自分では軽い転倒だと思っても、実際には骨折をしていたということもあります。少しでも気になるようでしたら、早めの診察が大切です。

大腿骨頸部骨折のリハビリ

大腿骨頸部骨折の際のリハビリテーションは、長く身体を動かさない時間を作らないため早く開始されます。一般的には 簡単な運動から徐々日常生活を送れるようなステップで行われます。

大腿骨頸部骨折の予防

高齢者の場合は、ちょっとしたことが転倒の原因となってしまいます。一番は、そのような環境を作らないように事前の予防が最適です。