大腿骨頸部骨折の治療

筋力の衰えが気になり、骨粗鬆症になりやすい高齢の方にとっては、他人ごとではない骨折。
大腿骨頸部骨折をした場合は、治療はどんなものがあるのでしょうか。

・手術療法
体力的な問題をある方を除いて、早期に手術を行われます。骨折だけではなく、骨折を起因にした、さまざまな問題を引き起こすことを防ぐためです。
長く寝ていることで、褥瘡や肺炎、認知症などの合併症を起こすことがあり、早く治療を行うことが望まれるのです。とくに高齢の方には、治療が長引くことによって体力がなくなり寝たきりにならないように注意しなければなりません。
そして、リハビリテーションを早く開始できることも大切になります。

・保存療法
骨のずれが少なく、比較的若い人の場合や、全身の状態が悪い人の場合に手術を行わず保存療法を選択する場合があります。

いずれにしても、骨折によってそれまでの生き方を変えてしまわないためにも、早めに、適切な治療を行っていく必要があります。