大腿骨頸部骨折のリハビリ

大腿骨頸部骨折のリハビリテーションは、医師の指導のもと、理学療法士、作業療法士が訓練にあたります。
骨折の種類と、修復の程度により異なりますが、できるだけ早く開始されます。
驚く方もいらっしゃいますが、手術後その日のうちに行うこともあり、ときには術後数時間で座る訓練が実施されることもあります。
目的の一つには、長く身体を動かさなかったために健康な部位まで影響を及ぼす、ということがないようにするためです。
また、寝たきりによって起こる褥瘡や、関節の固まり、筋肉の委縮などを防ぎ、最終的には、筋力を回復して骨折する前の歩行にもどるよう訓練を行っていきます。

一般的な流れとしてはベッド上の簡単な運動からはじまり、立ち上がり訓練、平行棒による歩行訓練を行い、訓練に並行して、固まった関節を動かす運動も行います。
歩行になれてくれば、歩行器、杖歩行と進めていきます。杖などを使っていても補助の必要がなくなれば、退院となります。