ピーチパンツ

締め付けない、履き心地がいい、安心!ヒッププロテクター革命。

ピーチパンツ

たっぷりの用尺を使用し、おなかをふんわり包み込む。
65歳以上の方の体型を研究し、「締め付けないから苦しくない」
普段使いのヒッププロテクターとして誕生しました。

ピーチパンツは転倒時の衝撃を吸収し、骨折を予防するヒッププロテクター(衝撃吸収プロテクター付骨折軽減用パンツ)です。ヒッププロテクターには現在さまざまなタイプがありますので、どのヒッププロテクターを選べば良いのだろう?と迷われる方も少なくありません。ピーチパンツは人間工学に基づいた独自の粗着生を開発し、「低圧着」「通気性がいい」「歩行を補助する」「生地の切り返しが少ない」を追求し、履いたときの違和感や心地悪さを無くし、毎日履ける、寝るときも履ける」ヒッププロテクターとして誕生しました。

ヒッププロテクターとは?

独自のプロテクター

ヒッププロテクターは、転倒時に股関節を外力から守って大腿骨頸部骨折を予防するものです。
転倒時に股関節の外側の大転子部を打撲することで大腿骨頸部が骨折するので、プロテクターがパンツの大転子の位置に組み込まれています。日本では数種類のヒッププロテクターが販売されていますが、どの製品も転倒時に装着していれば、一定の外力吸収を得られ、骨折減少に貢献しています。

衝撃圧縮荷重データ

上のグラフは、約3000Nの荷重値でテストした場合の衝撃圧縮荷重データです。落錘式衝撃特性評価試験機を用いて、衝撃荷重値を測定した結果、最大荷重値約3000Nに対してプロテクター使用(ピンク)の場合、衝撃吸収力は50%程度でした。

衝撃吸収率だけではない、問題点。

■ 現在、市販されているヒッププロテクターのタイプ

現在市販されているヒッププロテクターを分類してみると、下表のようになります。まず、プロテクターの素材がやわらかい軟質系と、硬い硬質系に分かれます。柔らかい軟質系のタイプが主に「日常利用」として使われていますが、ヒッププロテクターの利用アンケートによれば、半年後も着用している割合は3割程度となっています。

プロテクターの素材 軟質系 硬質系
想定利用シーン 主に普段使い リハビリやスポーツなど用途に応じて利用
装着方法 インナーウェアタイプ インナーウェアタイプ アウターウェアタイプ
プロテクターポケット 内側 外側 内側 外側 内側 外側
141208_img_05

ピーチパンツはプロテクターを内側のポケットから入れるためアウターに響きにくい構造です。またプロテクターがからだにフィットする3D形状のため、違和感も少なくなっています。
→他社製品との比較について詳しく見る

「履かなくなる理由」には、「着脱困難」「暑い」「汚れた」「厚い・硬い・重い」などがあります。どれだけ衝撃吸収率が高くても、履いていただけないのでは、意味がありません。ピーチパンツは、「ヒッププロテクター」を特別なものとして履くのではなく、パッドの入ったブラを普通につけるように、「日常使い」していただけるよう、違和感がないようにあらゆる角度からこだわっています。 骨折が「夜中の2時に起きやすい」(トイレ利用時)ことからも、「寝るときにも使える」履き心地を追求しました。
→転倒が起こりやすい時間帯について詳しく見る

ピーチパンツの特長

T字ラインで ヒップを持ち あげ美尻に

美尻メイク

普段使いできるヒッププロテクターは、履いていて嬉しくなるようなものでないといけません。ピーチパンツは履くだけで、美尻を作ります。 秘密はT型に縫製しているパターン。ヒップを心地よく持ち上げてくれます。 プロテクターの位置は大幅レースにすることで、ふくよかにお尻を補正して、レースがきちんとプロテクターを固定をしてくれます。

腹部の快適な装着

履き心地で一番重要なのは、何と言っても「腹部の装着感」です。年齢が上になるほど、腹部の圧迫感があると、全身の違和感になります。

ピーチパンツは、しゃがむときも、食後も苦しくないように、フリーウェイ素材を使用していますので、縦横斜めに生地が伸びます。 大幅のレースを大胆に使用しているため、「大きなパンツ」に 見えないのですが、実際には、通常のパンツよりもかなりの 用勺をたっぷり使用しています。 どのような体型の方でも、お腹をふっくら包み込みますが、 締め付けません。

自分で履ける、スムーズな着脱

全方向ストレッチで、簡単に自分で履けます

ウエスト部分がゴムではないため、簡単に履くことができます。 レースもストレッチレースという伸びるレース素材を使用し、素材全体が 伸びる構造のため、自分で着脱ができます。 履いたあとは、広幅レースがからだにフィットし、キュッと気持ちも引き締まり ますよ。

141208_img_13

蒸れない・暑くない

表面光沢のあるナイロン裏面通気性や吸水性に優れた綿

「表ナイロン、裏綿」素材を使用しているため、見た目は絹のような光沢感がありながらも、肌に触れる部分は綿になっています。
表はナイロンは滑りがよいのでズボンやスカートをスムーズに着脱することができます。
裏側の綿素材は吸水性や通気性もよく、圧着感も少ないため、蒸れたり痒くなったりということが少ない構造に仕上げています。

アウターに響かないから日常使いができます

ソフト系のプロテクターは、装着すると体にフィットする3D形状になっています。(意匠登録済み) 縫製もアウターに響かず、むしろ、お尻のふっくら感を補正して、美尻を作る効果にプロテクターが貢献してくれます。
プロテクターは2種類ありますので、ご要望に応じてお選びいただけます。→ プロテクターについて
パッドの装着は簡単で、内側のポケットに入れるだけです。洗濯の際は取り外して洗濯をお願いします。

パッドの装着方法

スタッフが着用してみました

わたしはお尻が大きい方で、スタンダードのプロテクターを着用するとズボンがパツパツになる感じがあります。まだ60代なので、ソフトタイプを使っています。ソフトタイプの場合は、ストレッチ素材のズボンを履いても、ほとんどアウターには響かないです。

ソフトタイププロテクター
約30%の衝撃吸収率

わたしはとても痩せていて、転倒は怖いので、60代になったらスタンダードタイプのプロテクターで履きたいと思っています。薄い色でストレッチタイプのズボンだと、どうしてもプロテクターの形が出てしまうので、濃い色やゆったりとしたアウターを選ぶと良いかな?。わたしは今は、プロテクターなしで履いています。お尻のふっくらさが足りないくらい痩せている人にはオススメです!

スタンダードタイププロテクター
ソフトタイプの約1.5倍の
衝撃吸収率

ピーチパンツ製品仕様

商品名 ピーチパンツ
価格 9,435円(税込10,190円)(返品可能)
紹介文 衝撃吸収プロテクター付骨折軽減用パンツ (転んでも衝撃が少ない) 本体カットラインが歩行を助ける機能設計です。 女性用。
・70代の方の体型に合わせて設定。
・伸縮性が大きいので、いろいろな体型の方に適応します。
・ウエスト部分は細幅レースになっています。その為、お腹の圧迫感は感じません。
・着丈がスタンダード丈。
・オーバーパンツとして最適です。
・プロテクターを装着すると、ヒップを立体的に包み込みます。そのため、ヒップラインが綺麗に見えます。
カラー オフホワイト
素材 綿:33%、ナイロン55%、ポリウレタン12%



サイズ
  ウエスト(cm) ヒップ(cm)
S~M 58~72 80~87
M~L 70~90 85~98
L~LL 88~105 95~110