Q&A

プロテクターはいつもつけていた方がよいですか?

いつも着けて頂きたいです。

Back To Top

ソフトタイプ、スタンダードタイプの違いを教えてください

ソフトタイプは、10ミリの薄さで、低反発枕のような感触です。 スタンダードタイプは、14ミリの厚みで、固めのクッションに触れた感触ですが衝撃吸収力は、ソフトタイプの1.5倍です。

Back To Top

プロテクターはどのようにお手入れしたらよいですか?

パンツの内側にポケットが付いています。その中に入れてください。

Back To Top

プロテクターなしでも使えますか?

転倒骨折軽減用には使えません。従来の下着と同じように使用できます。お尻をちょっとだけふっくらしたい時もOKです。

Back To Top

ピーチパンツシリーズで、プロテクターは使いまわせますか?

組み合わせ自由です。どのパンツにもそれぞれ使用できます。

Back To Top

プロテクターはどれくらいの期間、使えるのでしょうか

1年間は保証できますが、少しずつ劣化が始まり効果が半減します。状態に注意して使用してください。

Back To Top

一度、転倒して骨折の経験があります。どのタイプがお勧めですか

一度、骨折された方は、骨折されていない方と比べて、骨折率は高くなります。スタンダードタイプをお勧めします。

Back To Top

まだ60代ですが、ヒッププロテクターは必要でしょうか

60代で骨折される方もいますが、70代後半から急に骨折率が高くなります。

Back To Top

足元がふらついている母に勧めたいのですが、はいてくれそうにありません

お腹がゆったりと履きやすくなっています。 まずは、外出時からスタートされておしゃれを楽しみながら着けてほしいですね。

Back To Top

40代です。病気でヒップがなくなり補正したいのですが、履けますか。

パンツの中のプロテクターは、お尻をふっくらさせる形状になっています。 ふっくらお尻でおしゃれを楽しんでください。

Back To Top

暑がりなので、蒸れないか心配です。

プロテクターは、ピーチ型形状は、ムレ防止としても考案されています。

Back To Top

プレゼント包装はできますか。

プレゼント用箱は準備致します。

Back To Top

ピーチパンツとピーチアイパンツの履いた際のサイズの違いは?

実際のサイズは・・・・
「ピーチパンツ」は、お腹周りがゆったり、圧迫がなく窮屈を嫌う方におおすすめ!
「ピーチアイ パンツ」は、太もも部分までの着丈で、細めの方には安定感があります。

(サイズの順番)
ピーチアイ(Sサイズ)
ピーチパンツ(S~Mサイズ)
ピーチアイ(Mサイズ)
ピーチパンツ(M~Lサイズ)
ピーチアイ(Lサイズ)
ピーチパンツ(L~LLサイズ)

Back To Top

実物を履いてみないと分からないのですが・・・

お近くの福祉用具貸与店には、
代理店を通してデモ商品(サンプル)の貸出をしています。一度、問い合わせお願いいたします。

Back To Top

プロテクターは洗濯できますか?

通常、プロテクターは洗えません。水道水で軽く流して洗ってください。
汚れが強い場合は、中性洗剤で水洗い(手洗い)してください。

水分は吸収しませんのでタオルで拭いて自然乾燥でお願いします。
紫外線には弱いので日陰干しで乾かしてください。
乾燥機には入れないでください。

通常1年ほどで、劣化が始まり、衝撃吸収の機能も落ちてきます。
製品交換をお願いしたいと思います。

Back To Top